【ポケモン剣盾】カビゴンのおすすめの型、調整を紹介 ―育成論―

 

カビゴンの強み

①耐久が非常に高くその上弱点が非常に少ない

 ノーマルタイプなので弱点が格闘タイプ以外存在しない。その格闘タイプも環境で採用されるポケモンルチャブルローブシンくらいで数も多くない。また格闘タイプのダイマックス技は威力が下がるため現環境でカビゴンを一撃で倒せるポケモンはほぼ存在しない。

②環境に多いゴーストタイプの技を無効化出来る

 環境の中心にいるドラパルト、ミミッキュといったゴーストタイプのポケモンのゴースト技を無効化出来る。またゴーストタイプのポケモンとお互い相性補完もよいので相方としても採用しやすい。

③技範囲が非常に広い

 ほとんどのタイプの物理技を覚えるので技範囲に困らない。覚えないのはフェアリー、水技、飛行技くらいなのでパーティに応じて自由にカスタマイズできる。

 

以下おすすめの型を紹介していく。

 

1.残飯守る型

・基本技構成

捨て身タックルorのしかかりorからげんき、地震、あくび、守る

・選択技

ヘビーボンバーorアイアンヘッド(ダイスチルでB上昇、ミミッキュトゲキッス意識)

ばかぢから(ダイナックルでA上昇、バンギラスサザンドラ意識)

ほのおのパンチorヒートスタンプ(ナットレイ意識)

かみなりパンチ(ギャラドス意識)

かみくだくorDDラリアット(ドラパルト等ゴースト意識)

種爆弾(水地面、ドサイドン意識)

・持ち物

たべのこし

・特性

あついしぼうorめんえき

・性格

いじっぱり

努力値

H180 A4 B252 D68 S4

 

 先発で非常に安定する型。トビゴンという名前でバトレボ時代から存在していた型である。めんえきで使うのが一般的だったが今作の環境ならあついしぼうの方がいいだろう。

 あくびでポケモンを流しながら技を打ち込みたい相手が出てきたところで技を打っていく。まもるはとんぼボルチェンの対策、残飯の回復量を稼ぐ、こだわり技のロック、ダイマックスターンの稼ぎなどに使える。

 基本技構成は広い範囲に打てることを意識した技構成である。パーティによって技は入れ替えてもいい。

 努力値は基本Bに厚く振りH=B+Dの数値を意識しながら調整した。割と努力値振りに関しては自由。Aに振って負荷をかけれるようにしてもいい。

 

 

2.ねむカゴ型

・基本技構成

DDラリアット、ヘビーボンバーorアイアンヘッド、のろい、ねむる

・選択技

のしかかりor捨て身タックル(一致技、威力重視、状態異常狙い(のしかかり))

地震(ダイアースでD上昇、鋼岩炎電気意識)

ばかぢから(ダイナックルでA上昇、バンギラスサザンドラ意識)
ほのおのパンチorヒートスタンプ(ナットレイ意識)
かみなりパンチ(ギャラドス意識)
種爆弾(水地面、ドサイドン意識)

・特性

あついしぼう

・性格

しんちょう

努力値

H220 B212 D76

 

 ドラパルトは特殊型物理型鬼火型とあるため対策が難しいがカビゴンは物理にも特殊にも硬く出来て更にねむるで鬼火の対策も出来るのでドラパルトに非常に強い。

 基本技構成はDDラリアットとヘビーボンバーを採用している。DDラリアットは相手の能力変化を無視して攻撃できるのでカビゴン同士の積み合い等に強くなれる。ヘビーボンバーは主にB上昇やミミッキュトゲキッスへの打点を期待して採用している。相手のダイマックス時には攻撃が入らないのでアイアンヘッドにするのもあり。

 努力値振りはひかえめ珠ドラパルトのダイドラグーンを二耐え出来るように特防に振りあまり物理耐久に振った。性格わんぱくにしてH252B196D60と振るといじっぱりドラパルトのこだわり鉢巻ドラゴンアローを対面からのろいを積むことで二耐え出来るのでその調整でもよい。

 一度積んでしまえばダイマックスからそのまま全抜き出来ることが多いので非常に使いやすい。

 

とつげきチョッキ型やくいしんぼう型も強力だが他の方が紹介しているので割愛。

とつげきチョッキ型の参考→ABチョッキカビゴン|くろこ|note

 

おしん - YouTube

普段はyoutubeで育成論や構築解説等上げておりますので興味ある方はそちらもよろしくお願いします。

【ポケモン剣盾】トゲキッスのおすすめの型、調整を紹介 ―育成論―

 

トゲキッスの強み

種族値が高い

 合計種族値545とこれだけでも十分すぎる種族値の高さだが加えて不要部分である攻撃種族値にたったの50しか割かれておらず実質600族と同等程度の種族値を持っている。耐久面は一致弱点程度は軽く耐えるほどの数値を持ちながら特攻種族値120と火力面も十分、素早さも最速の場合一積みダイジェットで最速ドラパルトを抜けると全てにおいて万能ポケモンである。

 

②希少な飛行タイプの特殊アタッカー

 今作は飛行タイプのポケモンでダイジェットを打つことで攻撃しながら素早さを上げつつ全抜きを狙うという戦法が主流になっている。物理アタッカーの場合候補がそこそこ存在するが、特殊アタッカーで高い種族値と十分な攻撃範囲を持ち一致ダイジェットを打てるという条件を満たせるのはトゲキッス以外に存在しないだろう。トゲキッスの高い使用率もうなずけるところである。

 

③優秀な補助技を多く覚える

 よく採用される悪だくみだけでなくあくびやトリック更に回復技のあさのひざし等も覚える。単純な悪だくみアタッカー以外の型も数多く考えられるだろう。

 

以下おすすめの型を紹介していく。

 

1.アタッカー型

・基本技構成

エアスラッシュマジカルシャイン、火炎放射or大文字orマジカルフレイム、わるだくみ

・選択技

ソーラービーム(水地面ポケモンドサイドン意識)

・持ち物

命の珠、弱点保険、ラム等

・特性

きょううんorてんのめぐみ

・性格

ひかえめorおくびょう

努力値

H4 C252 S252

 

 単純にダイジェットで殴っていくシンプルに強い型。

 火力不足を感じやすいのでひかえめ推奨。おくびょうにすると最速ドラパルトまで抜けるが現環境はそこまで最速ドラパルトが多くないのでひかえめでいいだろう。

 ひかえめにすると珠ダイフェアリーでH振りバンギラスが高乱数一発(81.2%)で持っていけるのが強い。悪だくみを積めばダイマックスをしていてもワンパンを狙える。

 特性はダイマックス時を意識するならきょううん、非ダイマックス時を意識するならてんのめぐみ。どちらも一長一短なのでお好みで。

 ソーラービーム等の草技も採用の価値あり。使用率の高い水地面のポケモントゲキッス対策に使われるドサイドンに打てる。

 

 

2.耐久調整型

・基本技構成

エアスラッシュ、火炎放射or大文字orマジカルフレイム、あくび、わるだくみ

・持ち物

たべのこし、弱点保険、ラム等

・特性

きょううんorてんのめぐみ

・性格

おだやか

努力値

H252 D76 S180

 

 耐久に振ることで相手の攻撃を耐えてわるだくみを積み全抜きを狙う型。ひかえめロトムのダイサンダー耐えまで耐久に振って余りを素早さに振っている。ダイジェット一回で最速ゲンガー、二回積みで臆病スカーフサザンドラまで抜ける。悪だくみを積んでステロを撒いていればダイマックスを切ったロトムに勝つことができる。

 あくびを採用することでダイマックスポケモンを流したり有利対面を強引に作ってわるだくみを積んだりすることができる。あらかじめステロを撒いたりボルトチェンジやダイサンダーの対策に地面ポケモンを控えさせておくといい。

 あくびは全く採用されてないが今作の環境では強いのでもっと採用されてもいいのではないかと思う。

 

 

3.物理型

・基本技構成

ゴッドバードorそらをとぶ、じゃれつく、かわらわりしんそく

・選択技

大文字(鋼意識)

・持ち物

命の珠、弱点保険、ラム等

・特性

はりきり

・性格

いじっぱりorようき

努力値

H4 A252 S252

 

 意表を付く物理型。はりきりのおかげで特殊型とほとんど同程度の火力は出せる。

 物理で使うことの利点は止めに来たバンギラスカビゴン等を突破しやすくなる、ダイナックルで火力を上げながら殴っていける、先制技のしんそくを採用しやすい等の点。

 積み技を採用出来ない、非ダイマックス時の命中不安等のデメリットを補うほどの利点はないので基本的にはネタ型である。相手をびっくりさせたい方向け。

 

おしん - YouTube

普段はyoutubeで育成論や構築解説等上げておりますので興味ある方はそちらもよろしくお願いします。

【ポケモン剣盾】ブルンゲルのおすすめの型、調整を紹介 ―育成論―

 

ブルンゲルの強み

①ちからをすいとるを覚える唯一の水ポケモン

 水ポケモンはそもそも耐久ポケモンとして採用されやすいタイプであるがその水ポケモンの中でちからをすいとるを覚えるというのは唯一無二の強み。ちからをすいとるは相手の攻撃ランクを一段階減少させなおかつこうげき数値と同じだけを回復するというチート技。このスペックの技を水ポケモンが使えるというのはそれだけで反則級。

 

②ちょすい、のろわれボディの両方の特性が強力

 エラがみの超火力で非常に受けにくいウオノラゴンや水タイプのダイマックスポケモンの水技を止めることができるちょすい、ちからをすいとると合わせて試行回数を増やせるのろわれボディ、どちらの特性も非常に強力。耐久型の場合はのろわれボディで使うのが一般的だったが今作の場合はちょすいもあり。

 

③攻撃技、補助技共に豊富

 攻撃技はメインの水、ゴースト以外にも氷、草、毒、悪、エスパー、フェアリータイプの技を覚え範囲はかなり広い。また補助技もちからをすいとるだけでなくおにび、ちょうはつ、とける、トリック、トリックルーム等優秀なものを数多く覚えるので型も幅広く考えられる。

 

以下おすすめの型を紹介していく。

 

1.耐久型

・基本技構成

ねっとう、ちからをすいとる、ちょうはつ、とける

・選択技

おにび(やけど撒き)

たたりめ(おにびとセット)

マジカルシャイン(サザンドラ意識)

・持ち物

オボン、たべのこし、ラム等

・特性

のろわれボディorちょすい

・性格

おくびょう

努力値

H108 B212 S188

 

 よく使われる耐久型。バンギラスの上からとけるを積みたいので準速バンギ抜きまでSを振った。またここまで振ることで大半の耐久ポケモンに上からちょうはつを打つことができる。耐久はようきギャラのダイソウゲンを最高乱数(6.3%)以外耐え。

 鬼火を入れて確実にやけど状態を撒けるようにしてもよい。その場合は威力重視でたたりめを攻撃技に採用するのもあり。マジカルシャインサザンドラがきつい場合は候補に入る。ダイフェアリーで無振りサザンドラは確定一発。ちょうはつとちからをすいとるはほぼ確定なので入れ替える場合は他の技と選択。

 ギャラドスはちょうはつを持っている場合が多いのであまり役割対象としては期待できないがちょうはつを持っていない場合はちからをすいとるを連打して対処可能。りゅうのまいを積んできた場合はとけるを積めば勝つことができる。

 ドリュウズヒヒダルマあたりの受けにくいポケモンの相手をできるのとちょうはつのおかげで耐久ポケモン同士の対面に強い点がが強み。

 

 

2.アタッカー型

・基本技構成

しおふき、シャドーボールマジカルシャイン、トリック

・選択技

ギガドレイン(水ポケモン意識)

ヘドロウェーブ(ダイアシッドでC上昇、草フェアリー意識)

・持ち物

こだわりスカーフ、こだわり眼鏡、達人の帯等

・特性

ちょすい

・性格

ひかえめorおくびょう

努力値

B4 C252 S252

 

 意表を付くアタッカー型。前作まではしおふきでロックされると起点になりやすかったがダイマックスのおかげでかなり使いやすくなった。ダイマックス時しおふきが威力150技になるのも非常に強い。

 基本はスカーフ型がおすすめ。性格ひかえめにすることで無振りサザンドラマジカルシャインで確定一発になる。おくびょうにした場合はアイアントやゲンガーあたりも抜けるようになるが火力不足に陥りがち。ひかえめだと100族までしか抜けないが現環境はそこまで抜ければ十分。

 トリックを持たせることで耐久型ポケモンにも対処できるのでかなり広い範囲を相手をできる。

 基本的に耐久型ばかりが相手から想定されるので相手の立ち回りやプレイングを崩しやすく初手から試合を決めれることが多かった。筆者はシーズン1最終93位に入ることができたがこのポケモンがかなりの立役者である。詳しくは構築記事参照→【剣盾 S1 最終93位】 フライゴン入りナットゲル構築 - おしんのポケモンメモ置き場

 

おしん - YouTube

普段はyoutubeで育成論や構築解説等上げておりますので興味ある方はそちらもよろしくお願いします。

【ポケモン剣盾】コオリッポのおすすめの型、調整を紹介 ―育成論―

 

コオリッポの強み

①特性が非常に強力

 物理限定だがダメージを一回無効化できる。ミミッキュの化けの皮と違って霰状態になると復活するのでダイマックスで殴りながらアイスフェイスを復活させることができるなどの面白い動きも可能。物理限定とはいえ一回の行動保障はこのゲームにおいて非常に強力。

②ナイスフェイス状態の素早さ種族値が高い

 アイスフェイスがある状態とない状態とで種族値が変わるがナイスフェイス状態の場合130という非常に高い素早さ種族値を持つ。はらだいこと合わせて全抜きを狙いやすい。ちなみにアイスフェイス状態の場合は防御面の種族値が高いので特殊技でも弱点さえ突かれなければ大体の攻撃は耐える。

③攻撃範囲が広く補助技も優秀なものを覚える

 氷技以外にも岩技、水技、エスパー技、格闘技、鋼技等を覚えるため技範囲には困らない。また補助技もオーロラベールやはらだいこ等優秀なものを覚えるのでパーティに合わせて様々な型で運用することができる。

 

以下おすすめの型を紹介。

 

1.みがまもあられ型

・基本技構成

あられ、みがわり、まもる、フリーズドライ

・選択技

オーロラベール(後続サポート)

みずびたし(氷タイプ対策)

こごえるかぜ(S操作、後続サポート)

・持ち物

たべのこし

・性格

ひかえめ

努力値

H84 C204 S220

 

 あられみがまもで物理ポケモンをハメていく型。仮想敵に強く出れるので特殊型にしてフリーズドライを採用している。あられでアイスフェイスが復活するのを利用してあられ→みがわり→まもるとループすることで対抗策のない物理ポケモンは霰ダメージで削りきることができる。

 ナイスフェイス状態で抜けるポケモンには後出しから狩ることができる。特にアイアントはカモにできる。

 調整はHP16n+1調整、Sはナイスフェイス状態でアイアント抜き、あまりをC。無振りギャラドスは乱数一発(81.2%)、サザンドラは確定二発。

 ギャラドスの処理に関しては後出しからはダイジェットで抜かれるので難しいので基本的に死に出しからあられとみがわりでダイマックスを消費させてからフリーズドライで処理する。一応後出しからダイマックスを切ってダイウォール、ダイアイス、ダイウォールとするとダイマックスターンを消費させたあとフリーズドライで処理することも可能。

 フリーズドライドヒドイデトリトドンに刺さるので受けよりの構築にも選出して行ける。ドヒドイデのねっとうをみがわりが耐えるので起点にできるが後出しで毒ややけどを受けないように気を付ける。

 

 

2.アタッカー型

・基本技構成

はらだいこ、つららばりorつららおとし、攻撃技、攻撃技

・選択技

もろはのずつき(威力重視、天候変化、ギャラドス意識)

しねんのずつき(ドヒドイデ意識)

アクアブレイク(天候変化、ドリュウズドサイドン意識)

きしかいせい(ダイナックルA上昇、バンギラス意識)

アイアンヘッド(ダイスチルB上昇、ミミッキュ意識)

みがわり(安定行動、HP1/4実発動用)

・持ち物

オボン、ラム、命の珠、カムラ、半減実等

・性格

いじっぱりorようき

努力値

A252 D4 S252

 

 一般的によく使われている型。最初からはらだいこを使って全抜きをするというより行動回数を確保できる殴れるコマという扱いをすると使いやすい。

 努力値は同族等を意識してASぶっぱ、火力重視ならいじっぱり、エースバーンや準速ドラパルトあたりを確実に抜きたいならようき。いじっぱりAぶっぱならはらだいこ思念の頭突きでHBドヒドイデ確定一発。

 オボンの実を持たせる場合は耐久調整すると使いやすいかもしれない。

 以下はらだいこでオボン発動後のダイマックス時(アイスフェイス)の計算

D44振り:臆病眼鏡サザンドラの大文字確定耐え

D180振り:ひかえめロトムのオーバーヒート確定耐え

 Aを削る場合ははらだいこダイアイスでHBアーマーガア確定一発の実数値121(いじっぱりの場合76振り、ようきの場合は164)は確保したい。

 Sを削る場合はナイスフェイス時アイアント抜きの92振り(220振り)、100族抜きの20振り(140振り)ここら辺のラインは確保したい【()内はいじっぱりの場合】。ようきでもいじっぱりでも中途半端に削るくらいなら同族や一舞準速ギャラ等を意識して252振りにした方がよい。

 つららおとしとつららばりは怯みや命中率や威力の安定などに違いあり。どちらかというとつららばりのほうが使いやすい。

 ダイマックス時にダイアイス→ダイロック(ダイストリーム)→ダイアイスと天候変化を繰り返すことでアイスフェイスを二回復活させることができるので頭に入れておくと立ち回りの幅が広がる。

 

おしん - YouTube

普段はyoutubeで育成論や構築解説等上げておりますので興味ある方はそちらもよろしくお願いします。

【ポケモン剣盾】ミミッキュのおすすめの型、調整を紹介 ―育成論―

 

ミミッキュの強み

 ①化けの皮による行動保障

 このゲームにおいて一回行動保障があるというのがめちゃくちゃ強い。剣の舞を確実に積めるのでアタッカーとしても非常に優秀。補助役としても状態異常撒きやトリックルームなどを攻撃を一回耐えて確実に行えるため非常に使いやすい。

 

②ゴースト、フェアリーという複合タイプが攻撃範囲耐性共に優秀

 無効タイプがノーマル、格闘、ドラゴンと3個更に虫タイプが1/4と破格の耐性を持つ。さらに攻撃範囲が優秀でゴースト技フェアリー技だけで剣盾全てのポケモンに等倍以上の技範囲を持てる。ちなみに全ポケモンでもゴースト、フェアリー両方半減以下なのはカエンジシのみである。

 

③補助技が豊富

 トリックルーム、電磁波、鬼火、挑発、のろい、みちづれ、光の壁等有用な補助技を多く覚えるので化けの皮の行動保障と合わせて単純な補助役としても優秀。どんなパーティに入れても活躍できるスペックを持つ。

 

以下おすすめの型を紹介していきます。

 

1.アタッカー型

・基本技構成

ゴーストダイブorシャドークロー、かげうち、じゃれつく、剣の舞

・選択技

ちょうはつ(起点回避、補助技対策)

ウッドハンマー(水地面意識)

ドレインパンチ(非ダイマックス時意識、ゴースト技と相性補完〇)

電磁波(ダイジェット対策)

鬼火(起点作成、ドリュウズ等の交換読み等)

トリックルーム(ダイジェット対策)

・持ち物

命の珠、ラムのみ、のろいのおふだ等

・性格

ようきorいじっぱり

努力値

H4 A252 S252

 

基本はようきだがいじっぱりにすると崩し性能が上がる。

いじっぱり珠ダイホロウ(ゴーストダイブ)でドリュウズ確定一発なのでダイマックスを切ればタイマンで勝てる。ただし最速ドリュウズは抜けないので襷だった場合は勝てない。

基本構成が鉄板だが補助技ピン刺しもあり。特にトリックルームはダイジェットの返しに有効。

ゴーストダイブとシャドークローは選択。

ゴーストダイブならダイマックス時の威力が上がり相手のダイマックスターンを枯らせるのにも使える。

シャドークローなら急所を狙いやすくなるのでアーマーガアなどと積み合いになった場合にワンチャンが狙える。あと単純にすぐに殴れるのでゴーストダイブより使いやすい。

 

 

2.受けポケモン潰し型

・基本技構成

じゃれつく、のろい、みがわり、いたみわけ

・選択技

ゴースト技(鋼タイプ等意識)

まとわりつく(過去作限定、こちら参照→単体考察 メンヘラミミッキュ - サックーのブロマガ)

・持ち物

たべのこし、オボン、混乱実、メンタルハーブ等

・性格

ようき、いじっぱり、わんぱく、しんちょう等

努力値

AS HA HB HD等

 

前作で結構使われていた型。受けに来たポケモンをみがわり、のろい、いたみわけで削って裏の物理エースを通す。

前作はいじっぱりASでZ技で火力を補強しながら使うのが一般的だったが今作はZ技がないので持ち物も努力値振りも割と自由。

まとわりつく採用の型だと確実に一体持っていけるが汎用性は下がる。

わんぱくHB特化だとオノノクスのダイスチル、ドリュウズアイアンヘッドミミッキュの珠シャドークロー等を耐える。

しんちょうHD特化だとみがわりがトリトドンのだいちのちからを耐える。

 

 

3.補助型

・選択技

トリックルーム(ほぼ確定、起動役として最優秀)

のろい(自主退場、削り用)

おにび、でんじは(起点作成)

ちょうはつ(敵のちょうはつ対策、起点防止)

みちづれ(1:1交換、ダイマックス時は無効)

ひかりのかべ(後続の負担軽減、積みサポート)

・持ち物

メンタルハーブ、半減実、オボン等

・性格

ようき、いじっぱり、わんぱく、しんちょう等

努力値

AS、HA、HB、HD等

 

基本はトリックルームの始動役。攻撃技1or2(じゃれつく、ゴーストダイブ、シャドークロー、かげうち)、補助技3or2で使用するのが一般的。

構成例:じゃれつく、トリックルーム、おにび、のろい。

一発は耐えるのを活かして後続が暴れられるように場を整える。

前作は後期になるにつれサポート型が増えてきたので今作もだんだんとこちらの型が増えると思われる。

他のサポート型のポケモンと比べると相手はアタッカー型を選出段階から警戒しないといけないので補助技が通りやすく相手の選出やプレイングもゆがませられるのが非常に強い。

 

おしん - YouTube
普段はyoutubeで育成論や構築解説等上げておりますので興味ある方はそちらもよろしくお願いします。

【剣盾 S1 最終93位 最終レート2214】 フライゴン入りナットゲル構築

ランクバトルのシーズン1目標にしていた2桁順位を達成できましたので構築記事を残そうと思います。

f:id:oshin_pokemonn:20200101201108j:plain

パーティの並びは画像の通りです。

以下個別に紹介していきます。

画像はひこちゃんず!様より拝借

 

 

f:id:oshin_pokemonn:20200101195803p:plain

フライゴンきあいのタスキ

性格:ようき 努力値:H4 A252 S252

技:地震 げきりん ストーンエッジ 竜の舞

 

ガラル地方のガブリアスことフライゴンさんです。主に電気を切る枠として採用しました。

ドリュウズじゃダメなのかという意見があるかもしれないですが襷ドリュウズが個人的にパワーがないなと思ったのと、ドラゴン相手に打点が出せる部分に魅力を感じたのでフライゴンを採用しました。

選出率は一番低かったですが選出した際はタイマン性能の高さを活かして活躍してくれました。

f:id:oshin_pokemonn:20200101195534p:plain

ウォーグル@命の珠

性格:いじっぱり 努力値:A252 B4 S252

技:ブレイブバード あばれる インファイト アイアンヘッドシャドークロー

 

パーティのダイマックスエース。ほぼ選出しなかった試合はなしです。

突破力重視でいじっぱりにしてます。H振りロトムなら最低乱数以外確一、ダイマックスミミッキュもダイジェット+ダイスチルで持っていけます。

最終日のみアイアンヘッドをシャドークローに変更。アーマーガアのミラーアーマーを利用してダイホロウで攻撃力上げつつ突破みたいな動きも加えれるようにしました。

耐久振りアーマーガアとは当たらなかったのですがギルガルドをワンパンで持って行ってくれたのでよしとします。

基本的にはアイアンヘッドのが使いやすいです。

負けん気がダイマックス環境ではかなり強かったので大活躍してくれました。

f:id:oshin_pokemonn:20200101195605p:plain

・コオリッポ@残飯

性格:ひかえめ 努力値:H84 C204 S220

技:あられ 身代わり 守る フリーズドライ

 

物理ポケモンをあられみがまもでハメる型です。主にアイアントギャラドスなどのダイマックスエースを意識する枠。

調整はH16n+1調整Sはナイスフェイス状態でアイアント抜き残りC。

アイアント入り構築はほぼ選出されたのでアイアント入りにはほぼ出してました。

ギャラドスには後投げできませんがダイマックスを切らずに確実に処理できるポケモンとして重宝しました。受けループ系のパーティにもフリーズドライが刺さりがちなので出していけます。

選出率は高くなかったですが出した試合はいい仕事をしてくれました。

f:id:oshin_pokemonn:20200101195623p:plain

ヒートロトム@こだわり眼鏡

性格:ひかえめ 努力値:H204 B4 C236 D4 60

技:10万ボルト ボルトチェンジ オーバーヒート シャドーボール

 

特殊アタッカー枠としてとても重宝しました。主にトゲキッスリザードンヒヒダルマ入りのパーティに出していきます。

調整はCはドラパルトをシャドーボールで確一、トゲキッスを10万ボルトで確一まで確保。耐久をCSトゲキッスのダイジェットを3発耐えるようにしています。

あくのはどうを入れてる方が多いですがダイマックスは基本的に切らないので通りの良さや追加効果を重視してシャドーボールにしました。

f:id:oshin_pokemonn:20200101195647p:plain

ブルンゲルこだわりスカーフ(特性:貯水)

性格:ひかえめ 努力値:B4 C252 S252

技:潮吹き シャドーボール マジカルシャイン トリック

 

意表をつくスカーフブルンゲルです。ひかえめにすることで無振りサザンドラを上から一発で落とせます。

アタッカーブルンゲルは大体想定されないので初手から一体持って行ってそのままイージーウィンすることが多かったです。

ダイマックスと相性がいいので今作のブルンゲルはアタッカーもおすすめです。

f:id:oshin_pokemonn:20200101195703p:plain

ナットレイ@フィラの実

性格:のんき 努力値:H252 B252 D4

技:ジャイロボール 種マシンガン やどりぎの種 守る

 

ブルンゲルとの相性補完を意識して採用しました。パーティがパルシェンに薄いのでパルシェンがいる相手にはほぼ確定選出。

刺さる相手は多かったのでかなり選出率も高く使いやすかったです。

耐久のナットゲルの並びは有名なのでアタッカーブルンゲルを想定されにくいという利点もあったかもしれませんね。

 

 

一番多かった選出パターンはブルンゲルウォーグルナットレイです。

サザンドラ入りは初手サザンドラが多いのでブルンゲルに初手で毎回しばいてもらいました。

ドラパルトとかち合った場合は大体ダイホロウ打ってくるのでウォーグルに透かしてもらいます。

相性補完的にもかなりいい並びができているので使いやすかったです。

 

てな感じでした。

運もあったと思いますがあまり使用率の高くないいわゆるマイナーポケモンを使用して2桁達成できたので個人的には大満足です。

シーズン2以降は1桁順位目指して頑張りたいと思います。

おしん - YouTube

普段はyoutubeで育成論や構築解説等上げておりますので興味ある方はそちらもよろしくお願いします。