【ポケモン剣盾】ユキノオーのおすすめの型、調整を紹介 ―育成論―

 

ユキノオーの強み

①希少な天候変化特性持ち

 特性ゆきふらしのおかげでダイマックスを切らずに天候を変化させることができる。霰状態で襷を潰す、ふぶきが必中になる、天候エースを止める等の働きが期待できる非常に強力な特性である。

②氷技が等倍な草タイプ

 水タイプに本来草タイプのポケモンが強いはずだが水タイプのポケモンはほとんど氷技を覚えるため弱点を突かれてしまう。しかしユキノオーは氷技が等倍なため水タイプへの後投げが安定する。

③優秀な技を多く覚える

 一致技はふぶきやリーフストーム等高威力な技をバンバン打っていけるので種族値の割には火力不足を感じにくい。また補助技ではオーロラベールややどりぎのたね等非常に優秀な技や一撃技の絶対零度まで覚えることができるなど技のバリエーションが非常に広い。

 

以下おすすめの型を紹介していく。

 

 

1.やどみが型

・基本技構成

ふぶき、エナジーボールorリーフストームor草結びorギガドレイン、やどりぎのたね、みがわり

・選択技

まもる(定数ダメ稼ぎ、ハメ性能上げ、ダイマックスターン稼ぎ)

ぜったいれいど(突破性能アップ)

オーロラベール(耐久性能アップ、後続の負担軽減)

・持ち物

ラム、たべのこし、オボン等

・特性

ゆきふらし

・性格

ひかえめ

努力値

H92 B4 C252 D4 S156

 

 主にドヒドイデトリトドン中心の受け中心のパーティの対策に採用する型。やどみが型のポケモンは受け中心のパーティに強いが草タイプのポケモンは今作の強力な飛行タイプやドラゴンタイプのポケモンに打点が持ちにくいのがネックであった。しかしユキノオーならそれらのポケモンに一致ふぶきで打点が持てるので後出しをされにくいのが大きな利点である。

 草技はエナジーボールがPPや追加効果の面で受けパに強くなれるので一番おすすめ。リーフストームはやどみがでの居座りに向かないのとPP面に不安がある点、草結びはダイマックスポケモンに攻撃が入らない点、ギガドレインはPP面で若干不安が残る。

 努力値は主にアーマーガアを意識して調整している。Cぶっぱすることであられダメージ込みでアーマーガアを確2で落とせる。Sはなるべくアーマーガアを抜きやすいように多めに振った。耐久面はトリトドンれいとうビームを身代わりが耐えるように調整している。Hはたべのこし意識で16n+1調整。

 持ち物はラム推奨。ドヒドイデのどくどくやトリトドンのあくびを心配せずに後出しができる。

 

 

2.壁貼り型

・基本技構成

オーロラベールこおりのつぶてウッドハンマーぜったいれいど

・持ち物

きあいのたすき

・特性

ゆきふらし

・性格

いじっぱり

努力値

H4 A252 S252

 

 オーロラベールで特性ゆきふらしと合わせて一ターンで両壁が貼る型。タスキを持たせることで確実に壁を貼ることができる。

 ウッドハンマーを持たせることで壁を貼った後自主退場ができ、またバンギラスの後出しにも対応できる。ウッドハンマーは命の珠を持たせるとH振りバンギラスを確定一発で落とせる。知識として知っておくとよい。

 絶対零度は壁貼りと合わせて試行回数を稼げるのでこの型では特に強い。

 

おしん - YouTube

普段はyoutubeで育成論や構築解説等上げておりますので興味ある方はそちらもよろしくお願いします。

【ポケモン剣盾】リーフィアのおすすめの型、調整を紹介 ―育成論―

 

リーフィアの強み

①草タイプで物理耐久が高い

 草タイプはほとんどのポケモンが特防よりの種族値で防御が高いポケモンがほとんどいない。しかしリーフィアは防御種族値130と破格の数値を持っており対物理で非常に強い。特に今作はドリュウズ地震の通りが非常によく飛行タイプが居ないと地震を打たれるだけで壊滅する状況が多々発生する。そんな中でドリュウズ地震を半減でき種族値的にも対物理性能の高いという点で非常に希少価値が高い。

②優秀な補助技を数多く覚える

 草タイプはやどりぎのたねやこうごうせいなどの回復技やねむりごな等の状態異常技等優秀な補助技を数多く覚える。しかしリーフィアはそれだけでなく更にあくびなどのブイズが覚える優秀な補助技も覚えるのでそれらを組み合わせて多彩な型が作れる。草タイプは弱点が多く過小評価されがちだが、水電気地面辺りの非常に通りのいいタイプに耐性を多く持つため技さえそろっていれば非常に活躍が見込める。リーフィアは優秀な補助技に加えて高い種族値を持っているので十分一線級の力はある。

③使用率が低いので型が読まれにくい

 リーフィア自体の使用率が低いので初見殺しがしやすい。特性くらいしか知らない人も多いので相手のプレミを誘発させやすい。

 

以下おすすめの型を紹介していく。

 

 

1.剣舞バトン型

・基本技構成

リーフブレード、剣の舞、あくび、バトンタッチ

・持ち物

オボン、たべのこし等

・特性

リーフガード

・性格

ようき

努力値

H220 D252 S36

 

 ドリュウズや水ポケモン等の有利対面を作ってから引っ込んだところをあくびで流していき再び有利対面を作ったところで剣の舞を積んでいく。カバルドンステルスロックが剣の舞になったと理解していただければ使いやすいかと思う。

 普通にバトンをした場合後続にダメージが入るが、あくびで流しながら交代際にバトンをつなぐことで後続にダメージを入れずにバトンをつなぐことができる。このあくび剣の舞バトンのコンボをできるのはリーフィアだけである。あくび状態はバトンで引き継がれないので仮に相手があくびで流そうとしてきた場合もバトンで対処可能である。

 調整は最速アーマーガア抜きまでSに振って残りを特殊耐久に振っている。無補正ドラパルトのダイバーンくらいは耐えることができるのであくびでながす立ち回りも考慮に入れることができる。

 特性はコータスのあくびループ対策になるのでリーフガード推奨。

 

 

2.やどみが型

・基本技構成

リーフブレード、やどりぎのたね、みがわり、バトンタッチ

・選択技

まもる(定数ダメ稼ぎ、残飯やどりぎの回復ターン稼ぎ、ダイマックスターン稼ぎ等)

・特性

リーフガード

・持ち物

たべのこし、ラム等

・性格

ようき

努力値

H180 D252 S76

 

 やどみがのコンボがドヒドイデやヌオーを中心とした受けループに強いのでその対策を意識した型。バトンタッチを持たせることでみがわりを引き継ぐことができるのでやどりぎの回復量と合わせてかなり後続の負担を軽減することができる。

 調整方針はみがわり用の16n+1~3調整を意識しつつ特殊耐久をなるべく高くできるように調整した。

 

*ようりょくそアタッカー型は対策されやすい上に相手も想定してきやすいので非推奨

 

おしん - YouTube

普段はyoutubeで育成論や構築解説等上げておりますので興味ある方はそちらもよろしくお願いします。

【ポケモン剣盾】コータスのおすすめの型、調整を紹介 ―育成論―

 

コータスの強み

①特性ひでりが希少かつ優秀

 特性のおかげでダイマックスを使わずに天候変化を行うことができる。炎タイプなので晴れ下でメインウエポンの火力増強を行うことができ、また弱点の水タイプを半減することができるので実質弱点は岩地面のみである。

②耐久値が高く一発は攻撃を耐えることができる

 防御種族値140と非常に高く物理技なら弱点攻撃でも一発は耐えてくれる。特殊耐久も特化に近く振ればサザンドラの眼鏡りゅうせいぐんくらいは耐えてくれるので一回は行動保障ができる。

③攻撃技補助技共に優秀な技を多く覚える

 コータスといえばステルスロックあくびのコンボを思い浮かべる方が多いと思うが、てっぺきボディプレスや一撃技の地割れまで覚えたりと実は非常に器用である。物理技も含めれば攻撃範囲も広いので多彩な技構成が考えられる。

 

以下コータスのおすすめの型を紹介していく。

 

1.起点作成型

・基本技構成

かえんほうしゃorふんえんorオーバーヒート、クリアスモッグ、あくび、ステルスロック

・選択技

ボディプレス(サザン、バンギ意識)

ジャイロボール(ミミッキュ意識)

がんせきふうじ(S下げによる起点作成および起点回避)

ソーラービーム(水地面、ドサイ意識)

・持ち物

オボン、メンタルハーブ、脱出パック等

・性格

おだやかorなまいき

努力値

H252 B20 D236

 

 ひでりによる天候変化やステルスロックあくびで後続のサポートをしていく型。カバルドンと同じく起点作成ポケモンでありながらアーマーガアにタイプ相性で有利な点や晴れの天候変化により火力も出せる点が非常に強い。

 努力値サザンドラの眼鏡りゅうせいぐん耐え。ここまで振ると大体の特殊攻撃は一発は耐える。ミミッキュ意識でジャイロボールを採用する場合は性格のんきのB52振りで剣舞珠ダイホロウを耐える調整をするのがおすすめである。

 持ち物は確実にステルスロックが撒くためにオボンがおすすめ。脱出パックは晴れエースを採用する場合はオーバーヒートと合わせて採用するとよい。

 攻撃技に関して炎技は確定として残り一つはパーティの対処しづらい部分を補える技を採用するとよい。とりあえずは積み技対策のクリアスモッグかみがわりサザン対策のボディプレスかのどちらかが使いやすいだろう。

 

 

2.アタッカー型

・基本技構成

ふんか、オーバーヒートorだいもんじorかえんほうしゃソーラービーム、だいちのちから

・選択技

げんしのちから(リザードン意識)

ヘドロ爆弾(ダイアシッドでC上昇)

・特性

ひでり

・持ち物

こだわり眼鏡、命の珠、木炭等

・性格

ひかえめorれいせい

努力値

H252 C252 D4

 

 基本トリル運用想定だが初手から投げて起点作成型の偽装をしてもよい。相手が挑発や積み技等を打っていれば痛い目を見させることができる。

 眼鏡にした場合ダイマックスミミッキュを皮ダメ込みで最低乱数以外一発(93.7%)、H無振りトゲキッスを確定一発で持っていくほどの火力が出る。起点作り性能ばかりに目が行きがちだがアタッカーで使ってもかなり強い。

 

 

3.両刀型

・基本技構成

大文字、ソーラービーム、ジャイロボール、ストーンエッジ

・特性

ひでり

・持ち物

命の珠、達人の帯、もくたん等

・性格

れいせい

努力値

H4 A252 C252

 

 基本アタッカー型と同じ運用だが物理技を持たせることでラム持ちでコータスに出てきやすいトゲキッスギャラドスに打点を持ちやすくなる。具体的には珠ジャイロボールで無振りトゲキッス確定一発、珠ダイロックで無振りギャラドス確定一発となるので積む隙を与えずに倒すことができる。

 

おしん - YouTube

普段はyoutubeで育成論や構築解説等上げておりますので興味ある方はそちらもよろしくお願いします。

【ポケモン剣盾】ガマゲロゲのおすすめの型、調整を紹介 ―育成論―

 

ガマゲロゲの強み

①水地面という複合タイプが優秀

 弱点は草タイプのみなのに対し半減無効は電気、毒、岩、鋼、炎の5タイプ(貯水も考慮すれば6タイプ)と非常に優秀なタイプを持つ。

②すいすいを利用した物理アタッカー特殊アタッカーの両方が可能

 今作のダイマックスの仕様のおかげでアタッカーとしての性能が非常に強化された。加えて攻撃、特攻両方の種族値がそこそこあるので物理特殊両方の運用が可能である。物理か特殊か絞れないので種族値は高くはないが数値以上に受けづらい。

③耐久型の運用も可能

 物理耐久はヌオーとトリトドンの中間、特殊耐久はトリトドンとヌオーの中間という性能を持つので耐久型としての運用も十分可能である。

 

以下おすすめの型を紹介していく。

 

1.物理アタッカー型

・基本技構成

アクアブレイク地震パワーウィップかわらわりorドレインパンチ

・選択技

れいとうパンチ(草、ドラゴン意識)

とびはねる(ダイジェットS上昇、草意識)

あまごい(ダイウォール用、非ダイマックス時意識)

・持ち物

命の珠、しんぴのしずく、ラム等

・特性

すいすい

・性格

いじっぱりorようき

努力値

H4 A252 S252

 

 ダイマックスを切ってダイストリームですいすいを発動させてから全抜きを狙っていく。物理型で運用する利点はミミッキュにタイマンで勝ちやすい点、攻撃種族値の方が特攻種族値より高い点、格闘技を採用しやすいのでバンギラスサザンドラなどに打点を持ちやすい点、特殊型の採用率のほうが高いので意表を付ける点などである。

 いじっぱりSぶっぱでスカーフサザンドラを抜ける程度の素早さを確保できるので火力補強を考えていじっぱりが無難化と思われる。ようきにする利点は準速のトゲキッスギャラドスがダイジェット二積みしていてもすいすい発動で抜ける点、最速ルンパッパや同族勝負に有利な点等である。火力不足を感じやすいので基本ASぶっぱでよい。

 れいとうパンチはドラゴンに打点が出るのでほしい場合も結構あるがダイアイスで天候が変わってしまうので採用する際は注意が必要。

 

 

2.特殊アタッカー型

・基本技構成

ハイドロポンプorねっとう、だいちのちから、くさむすびヘドロウェーブ

・選択技

こごえるかぜ(草、ドラゴン意識)

あまごい(ダイウォール用、非ダイマックス時意識)

・持ち物

命の珠、しんぴのしずく、ラム等

・特性

すいすい

・性格

ひかえめorおくびょう

努力値

H4 C252 S252

 

 基本的に物理アタッカー型と同じ運用でよい。アーマーガア等の採用率の高い物理受けで止まりにくいのが利点。

 水技は火力不足を感じやすいので熱湯よりハイドロポンプがおすすめ。ヘドロウェーブは草タイプに打てる他にダイマックス時にCアップの効果があるのでそれが活きる場面もあるかと思う。

 

 

3.耐久型

・基本技構成

ねっとう、だいちのちから、どくどく、まもる

・選択技

ステルスロック(サイクル重視、抜きエースサポート)

みがわり(状態異常対策、ターン稼ぎ)

・持ち物

たべのこし、オボン、混乱実等

・特性

ちょすい

・性格

おだやか

努力値

H252 B4 D252

 

 トリトドンやヌオーが採用されることが多いが先述のように耐久力も同等のものがあるので耐久型可能である。

 アタッカー採用が圧倒的に多いので意表を付きやすい。対抗策を用意してない相手ならイージーウィンすることができる。

 相性補完的にアーマーガアと同時採用することになるのでHD特殊受けで採用。水ロトム、火ロトムは完全に止めることができる。

 技構成はどくどくまもるの構成にしている。昔から存在する型だがダイマックス環境の今作まもるが強いので非常に使いやすい。だいちのちからはドヒドイデ等広く打てるので採用しているがステルスロックやみがわりなどに変更するのもあり。

 

おしん - YouTube

普段はyoutubeで育成論や構築解説等上げておりますので興味ある方はそちらもよろしくお願いします。

【ポケモン剣盾】カビゴンのおすすめの型、調整を紹介 ―育成論―

 

カビゴンの強み

①耐久が非常に高くその上弱点が非常に少ない

 ノーマルタイプなので弱点が格闘タイプ以外存在しない。その格闘タイプも環境で採用されるポケモンルチャブルローブシンくらいで数も多くない。また格闘タイプのダイマックス技は威力が下がるため現環境でカビゴンを一撃で倒せるポケモンはほぼ存在しない。

②環境に多いゴーストタイプの技を無効化出来る

 環境の中心にいるドラパルト、ミミッキュといったゴーストタイプのポケモンのゴースト技を無効化出来る。またゴーストタイプのポケモンとお互い相性補完もよいので相方としても採用しやすい。

③技範囲が非常に広い

 ほとんどのタイプの物理技を覚えるので技範囲に困らない。覚えないのはフェアリー、水技、飛行技くらいなのでパーティに応じて自由にカスタマイズできる。

 

以下おすすめの型を紹介していく。

 

1.残飯守る型

・基本技構成

捨て身タックルorのしかかりorからげんき、地震、あくび、守る

・選択技

ヘビーボンバーorアイアンヘッド(ダイスチルでB上昇、ミミッキュトゲキッス意識)

ばかぢから(ダイナックルでA上昇、バンギラスサザンドラ意識)

ほのおのパンチorヒートスタンプ(ナットレイ意識)

かみなりパンチ(ギャラドス意識)

かみくだくorDDラリアット(ドラパルト等ゴースト意識)

種爆弾(水地面、ドサイドン意識)

・持ち物

たべのこし

・特性

あついしぼうorめんえき

・性格

いじっぱり

努力値

H180 A4 B252 D68 S4

 

 先発で非常に安定する型。トビゴンという名前でバトレボ時代から存在していた型である。めんえきで使うのが一般的だったが今作の環境ならあついしぼうの方がいいだろう。

 あくびでポケモンを流しながら技を打ち込みたい相手が出てきたところで技を打っていく。まもるはとんぼボルチェンの対策、残飯の回復量を稼ぐ、こだわり技のロック、ダイマックスターンの稼ぎなどに使える。

 基本技構成は広い範囲に打てることを意識した技構成である。パーティによって技は入れ替えてもいい。

 努力値は基本Bに厚く振りH=B+Dの数値を意識しながら調整した。割と努力値振りに関しては自由。Aに振って負荷をかけれるようにしてもいい。

 

 

2.ねむカゴ型

・基本技構成

DDラリアット、ヘビーボンバーorアイアンヘッド、のろい、ねむる

・選択技

のしかかりor捨て身タックル(一致技、威力重視、状態異常狙い(のしかかり))

地震(ダイアースでD上昇、鋼岩炎電気意識)

ばかぢから(ダイナックルでA上昇、バンギラスサザンドラ意識)
ほのおのパンチorヒートスタンプ(ナットレイ意識)
かみなりパンチ(ギャラドス意識)
種爆弾(水地面、ドサイドン意識)

・特性

あついしぼう

・性格

しんちょう

努力値

H220 B212 D76

 

 ドラパルトは特殊型物理型鬼火型とあるため対策が難しいがカビゴンは物理にも特殊にも硬く出来て更にねむるで鬼火の対策も出来るのでドラパルトに非常に強い。

 基本技構成はDDラリアットとヘビーボンバーを採用している。DDラリアットは相手の能力変化を無視して攻撃できるのでカビゴン同士の積み合い等に強くなれる。ヘビーボンバーは主にB上昇やミミッキュトゲキッスへの打点を期待して採用している。相手のダイマックス時には攻撃が入らないのでアイアンヘッドにするのもあり。

 努力値振りはひかえめ珠ドラパルトのダイドラグーンを二耐え出来るように特防に振りあまり物理耐久に振った。性格わんぱくにしてH252B196D60と振るといじっぱりドラパルトのこだわり鉢巻ドラゴンアローを対面からのろいを積むことで二耐え出来るのでその調整でもよい。

 一度積んでしまえばダイマックスからそのまま全抜き出来ることが多いので非常に使いやすい。

 

とつげきチョッキ型やくいしんぼう型も強力だが他の方が紹介しているので割愛。

とつげきチョッキ型の参考→ABチョッキカビゴン|くろこ|note

 

おしん - YouTube

普段はyoutubeで育成論や構築解説等上げておりますので興味ある方はそちらもよろしくお願いします。

【ポケモン剣盾】トゲキッスのおすすめの型、調整を紹介 ―育成論―

 

トゲキッスの強み

種族値が高い

 合計種族値545とこれだけでも十分すぎる種族値の高さだが加えて不要部分である攻撃種族値にたったの50しか割かれておらず実質600族と同等程度の種族値を持っている。耐久面は一致弱点程度は軽く耐えるほどの数値を持ちながら特攻種族値120と火力面も十分、素早さも最速の場合一積みダイジェットで最速ドラパルトを抜けると全てにおいて万能ポケモンである。

 

②希少な飛行タイプの特殊アタッカー

 今作は飛行タイプのポケモンでダイジェットを打つことで攻撃しながら素早さを上げつつ全抜きを狙うという戦法が主流になっている。物理アタッカーの場合候補がそこそこ存在するが、特殊アタッカーで高い種族値と十分な攻撃範囲を持ち一致ダイジェットを打てるという条件を満たせるのはトゲキッス以外に存在しないだろう。トゲキッスの高い使用率もうなずけるところである。

 

③優秀な補助技を多く覚える

 よく採用される悪だくみだけでなくあくびやトリック更に回復技のあさのひざし等も覚える。単純な悪だくみアタッカー以外の型も数多く考えられるだろう。

 

以下おすすめの型を紹介していく。

 

1.アタッカー型

・基本技構成

エアスラッシュマジカルシャイン、火炎放射or大文字orマジカルフレイム、わるだくみ

・選択技

ソーラービーム(水地面ポケモンドサイドン意識)

・持ち物

命の珠、弱点保険、ラム等

・特性

きょううんorてんのめぐみ

・性格

ひかえめorおくびょう

努力値

H4 C252 S252

 

 単純にダイジェットで殴っていくシンプルに強い型。

 火力不足を感じやすいのでひかえめ推奨。おくびょうにすると最速ドラパルトまで抜けるが現環境はそこまで最速ドラパルトが多くないのでひかえめでいいだろう。

 ひかえめにすると珠ダイフェアリーでH振りバンギラスが高乱数一発(81.2%)で持っていけるのが強い。悪だくみを積めばダイマックスをしていてもワンパンを狙える。

 特性はダイマックス時を意識するならきょううん、非ダイマックス時を意識するならてんのめぐみ。どちらも一長一短なのでお好みで。

 ソーラービーム等の草技も採用の価値あり。使用率の高い水地面のポケモントゲキッス対策に使われるドサイドンに打てる。

 

 

2.耐久調整型

・基本技構成

エアスラッシュ、火炎放射or大文字orマジカルフレイム、あくび、わるだくみ

・持ち物

たべのこし、弱点保険、ラム等

・特性

きょううんorてんのめぐみ

・性格

おだやか

努力値

H252 D76 S180

 

 耐久に振ることで相手の攻撃を耐えてわるだくみを積み全抜きを狙う型。ひかえめロトムのダイサンダー耐えまで耐久に振って余りを素早さに振っている。ダイジェット一回で最速ゲンガー、二回積みで臆病スカーフサザンドラまで抜ける。悪だくみを積んでステロを撒いていればダイマックスを切ったロトムに勝つことができる。

 あくびを採用することでダイマックスポケモンを流したり有利対面を強引に作ってわるだくみを積んだりすることができる。あらかじめステロを撒いたりボルトチェンジやダイサンダーの対策に地面ポケモンを控えさせておくといい。

 あくびは全く採用されてないが今作の環境では強いのでもっと採用されてもいいのではないかと思う。

 

 

3.物理型

・基本技構成

ゴッドバードorそらをとぶ、じゃれつく、かわらわりしんそく

・選択技

大文字(鋼意識)

・持ち物

命の珠、弱点保険、ラム等

・特性

はりきり

・性格

いじっぱりorようき

努力値

H4 A252 S252

 

 意表を付く物理型。はりきりのおかげで特殊型とほとんど同程度の火力は出せる。

 物理で使うことの利点は止めに来たバンギラスカビゴン等を突破しやすくなる、ダイナックルで火力を上げながら殴っていける、先制技のしんそくを採用しやすい等の点。

 積み技を採用出来ない、非ダイマックス時の命中不安等のデメリットを補うほどの利点はないので基本的にはネタ型である。相手をびっくりさせたい方向け。

 

おしん - YouTube

普段はyoutubeで育成論や構築解説等上げておりますので興味ある方はそちらもよろしくお願いします。

【ポケモン剣盾】ブルンゲルのおすすめの型、調整を紹介 ―育成論―

 

ブルンゲルの強み

①ちからをすいとるを覚える唯一の水ポケモン

 水ポケモンはそもそも耐久ポケモンとして採用されやすいタイプであるがその水ポケモンの中でちからをすいとるを覚えるというのは唯一無二の強み。ちからをすいとるは相手の攻撃ランクを一段階減少させなおかつこうげき数値と同じだけを回復するというチート技。このスペックの技を水ポケモンが使えるというのはそれだけで反則級。

 

②ちょすい、のろわれボディの両方の特性が強力

 エラがみの超火力で非常に受けにくいウオノラゴンや水タイプのダイマックスポケモンの水技を止めることができるちょすい、ちからをすいとると合わせて試行回数を増やせるのろわれボディ、どちらの特性も非常に強力。耐久型の場合はのろわれボディで使うのが一般的だったが今作の場合はちょすいもあり。

 

③攻撃技、補助技共に豊富

 攻撃技はメインの水、ゴースト以外にも氷、草、毒、悪、エスパー、フェアリータイプの技を覚え範囲はかなり広い。また補助技もちからをすいとるだけでなくおにび、ちょうはつ、とける、トリック、トリックルーム等優秀なものを数多く覚えるので型も幅広く考えられる。

 

以下おすすめの型を紹介していく。

 

1.耐久型

・基本技構成

ねっとう、ちからをすいとる、ちょうはつ、とける

・選択技

おにび(やけど撒き)

たたりめ(おにびとセット)

マジカルシャイン(サザンドラ意識)

・持ち物

オボン、たべのこし、ラム等

・特性

のろわれボディorちょすい

・性格

おくびょう

努力値

H108 B212 S188

 

 よく使われる耐久型。バンギラスの上からとけるを積みたいので準速バンギ抜きまでSを振った。またここまで振ることで大半の耐久ポケモンに上からちょうはつを打つことができる。耐久はようきギャラのダイソウゲンを最高乱数(6.3%)以外耐え。

 鬼火を入れて確実にやけど状態を撒けるようにしてもよい。その場合は威力重視でたたりめを攻撃技に採用するのもあり。マジカルシャインサザンドラがきつい場合は候補に入る。ダイフェアリーで無振りサザンドラは確定一発。ちょうはつとちからをすいとるはほぼ確定なので入れ替える場合は他の技と選択。

 ギャラドスはちょうはつを持っている場合が多いのであまり役割対象としては期待できないがちょうはつを持っていない場合はちからをすいとるを連打して対処可能。りゅうのまいを積んできた場合はとけるを積めば勝つことができる。

 ドリュウズヒヒダルマあたりの受けにくいポケモンの相手をできるのとちょうはつのおかげで耐久ポケモン同士の対面に強い点がが強み。

 

 

2.アタッカー型

・基本技構成

しおふき、シャドーボールマジカルシャイン、トリック

・選択技

ギガドレイン(水ポケモン意識)

ヘドロウェーブ(ダイアシッドでC上昇、草フェアリー意識)

・持ち物

こだわりスカーフ、こだわり眼鏡、達人の帯等

・特性

ちょすい

・性格

ひかえめorおくびょう

努力値

B4 C252 S252

 

 意表を付くアタッカー型。前作まではしおふきでロックされると起点になりやすかったがダイマックスのおかげでかなり使いやすくなった。ダイマックス時しおふきが威力150技になるのも非常に強い。

 基本はスカーフ型がおすすめ。性格ひかえめにすることで無振りサザンドラマジカルシャインで確定一発になる。おくびょうにした場合はアイアントやゲンガーあたりも抜けるようになるが火力不足に陥りがち。ひかえめだと100族までしか抜けないが現環境はそこまで抜ければ十分。

 トリックを持たせることで耐久型ポケモンにも対処できるのでかなり広い範囲を相手をできる。

 基本的に耐久型ばかりが相手から想定されるので相手の立ち回りやプレイングを崩しやすく初手から試合を決めれることが多かった。筆者はシーズン1最終93位に入ることができたがこのポケモンがかなりの立役者である。詳しくは構築記事参照→【剣盾 S1 最終93位】 フライゴン入りナットゲル構築 - おしんのポケモンメモ置き場

 

おしん - YouTube

普段はyoutubeで育成論や構築解説等上げておりますので興味ある方はそちらもよろしくお願いします。